【特典付き】[A2700]Mr.Gamma(ミスター・ガンマ) A-2700 環境放射線モニター(γ線エネルギー補償型) 日本製 放射能測定器

【特典付き】[A2700]Mr.Gamma(ミスター・ガンマ) A-2700 環境放射線モニター(γ線エネルギー補償型) 日本製 放射能測定器:測定器・工具のイーデンキ
★特典!ラジウムボールプレゼント中★ 私達の身の回りには自然界から出ている目に見えない弱い放射線が存在しています。放射線は日常のあらゆる物体・物質からたえまなく放出されています。 放射線には主にアルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線がありますが、A2700型Mr.Gammaで簡単にガンマ(γ)線を精度よく測定することが出来ます。

10月に入り、汚染探しの大騒ぎも少し落ち着き、空間放射線量をきちんと測れる機種が適正なお値段になったので、思い切って購入しました。
自宅周辺を測定してみましたが、以前に知人から借りた堀場の環境放射線測定器PA-1000と大体、同じような傾向でした。室内の低線量の所、屋外の側溝の汚泥など高線量の所など、若干、A-2700の方が数値が低め。この差が、エネルギー保障の有無と関係があるのかどうかはわかりませんが、アロカのTCS-172Bを使用して自治体が公表している値により近いので、納得してます。
使用方法は、いたって簡単で取扱い説明書も物足りないくらいシンプルでした。測定値は、10秒ごとの平均で更新されて行き、60秒経たないと数値が出てこないので、じれったいですが、数値はぶれがなく安定しているので信頼できます。本体は、PA-1000より若干、大きめで重たいですが、取扱う上で全く問題はありません。充電式のものは、バッテリー寿命など耐久性が心配ですが、こちらは電池式なので、ガンガン使っても大丈夫そうです。
機種比較など、情報集めながら、除染に励み、待ったおかげで、正しい選択をできたと満足しています。14万は、決して安くはありませんが、茨城在住なので、自力で正しい情報を得るために、必要な投資だったと思います。
震災直後から時間が経過しましたが、かえって濃縮などが進んでいるせいか、首都圏でも、ホットスポットの存在がいたるところで報道されるようになりました。
安い測定器だと、誤差が大きかったり感度が悪かったりすることが多いと聞いて、いろいろと比較した結果、エネルギー補正がついているこの商品を選びました。
高額な買い物ではありますが、気になってた場所を正確に測定して安心ができるという点では、いいと思います。
空間線量を短時間で精密に測る、という本機器の目的に照らせばないのはしかたないですが、ログやPCとの連携や、廉価なMCA機器・核種分析機能の追加、閾値を越えた場合にバイブレーションなどで警告を発する機能があればなおよいので、今後の新機種の販売の期待もこめて、星4つとしました。